歯を欠損した時の治療法

事故や病気などの理由で歯を欠損してしまった時、従来は歯科でブリッジという被せ物をしたり、差し歯を入れたりするのが一般的な治療でした。
しかし、ブリッジや差し歯は本物の歯と比べるとどうしても噛む力が弱くなってしまったり、見た目に違和感があったりしました。
特に、前歯の場合は人目につくことも多いので、コンプレックスを感じていたという人も多いと思います。
しかし、インプラントという治療法が誕生したことで状況は一変しました。
人工歯根を顎の骨に埋め込んで固定するインプラントは非常に安定性に優れているため、噛む力が自分の歯と変わりません。
また、見た目的にも自分の歯と非常に近いため、近くで人に見られてもそれがインプラントであるかどうかわからないほどです。
では、インプラントの構造について少し詳しく見て行きましょう。
インプラントは3つの部分から出来ています。
「人工歯根」はインプラントの土台となる部分で、顎の骨の中に埋め込まれます。
この時には外科手術が必要となるので注意が必要です。
顎の骨が小さすぎる人や骨が脆い人などはインプラント治療ができないことがあります。
そして、私たちが普段目にする人工の歯を「人工歯」と呼びます。
人工歯根の材質としてはチタンやセラミック等が使われます。
チタンは非常に硬い金属ですから機能性に優れますし、硬いものを噛んでも欠けたりすることがなく長持ちします。
また、チタンは人の体にやさしい金属で、アレルギーを起こす心配がないという特徴があります。
一方、セラミックは審美的に優れた材質で、仕上がりが自然で美しいのが特徴です。
どちらを選ぶかは目的によって異なります。
三つ目が「アバットメント」と呼ばれる部品です。
これは人工歯根と人工歯を連結するための金具となります。
アバットメントにはシリンダー型、スクリュー型、ネジ型の3種類があります。
インプラントではこの3つの部品を使って治療を行うことになります。